迅速な作業と柔軟な対応力

自宅にある使わなくなった物を処分するために専用の業者に依頼をする人も増えています。不用品回収は大きく自治体と民間業者の2種類に分けられますが、民間業者ならではの魅力が迅速な対応です。自治体を利用する場合には原則依頼する側が回収日を指定することはできません。自治体のスケジュールで日にちが決められてしまうため、年末や新年度の引越しシーズンなど利用者が集中する時期は遅くなるケースもあります。一方顧客満足度を重視する民間業者は大半の所が依頼者の要望に従って回収してくれるのが特徴です。閑散期など依頼が少ない時期であれば最短で数日後に回収に来てくれることもあります。思い立ってすぐに処分できるという点は民間業者ならではの強みです。

費用を抑えて処分をするコツ

自治体の不用品回収が予め費用が決められているのに対して、民間業者はそれぞれ金額が異なります。同じ不用品の回収でも数千円以上変わることはあるので一つの所で決めてはいけません。必ず3社程度から見積もりを取って比較検討をした上で判断をするのが費用を抑えるコツになります。ただし業者の中には費用の安さだけを売りにしていい加減な作業を行う所もあるので注意が必要です。回収した不用品を正しく処分してくれるか、万が一トラブルが起きた場合の補償なども比較検討をする時の大事なポイントとなります。そのほか、割引キャンペーンが行われているタイミングを狙う、買取という形で引き取ってもらうのも不用品回収を安く済ませる有効な手段です。