許可なしでの営業は犯罪

不用品を回収するという仕事は誰でも行えるわけではありません。国(市町村)から一般廃棄物処理業の許可を得ているところしか行えないようになっているのです。もしも、許可を持っていない業者が回収を行っているなら犯罪行為に該当します。そのため、利用したいと考えるところがあるときは、許可を得た正規の業者かきちんとチェックすることが大切になります。『安く捨てられるのだから、許可の有無は自分には関係ない』と考える方もいるでしょうが、不用品とはいえ自身の持ち物を犯罪者に渡すのはデメリットが多いです。法外な料金を後から請求されたり山奥に廃棄されて問題になったり、いろいろなトラブルに巻き込まれる可能性があるのできちんと正規の業者に依頼しましょう。

許可の有無を確認する方法

利用したい業者が許可を取っているか知りたい場合は、インターネットを使いチェックしてみましょう。きちんと許可を取っている業者なら、宣伝のためにウェブサイトを開設し、そちらで一般廃棄物処理業の許可について記載しているケースが多いです。もしも、ウェブサイトが存在していなかったり許可について載っていなかったりする場合は、業者に直接尋ねることもできます。ただし、実際は許可がないのに得ているという業者もあるかもしれないので、少しでも疑わしいと感じたときは利用しないほうが賢明です。住んでいる地域にほかにも業者はあるでしょうから、いろいろとリサーチをしてみて、信頼できそうなところに不用品を回収してもらいましょう。